スポーツの事

ホットヨガ初体験とその後の女子会

友達と三人でホットヨガの体験に行きました。
社会人になってから、なかなか会えない友達と待ち合わせをして、同じ初体験をするのはドキドキと心強さが共存する不思議な感覚です。
私はもともと汗をかかないほうなので、ホットヨガでも効果があるのか、ちゃんとデトックスできるのか、かなり半信半疑な状態でした。
事前に言われていた持ち物で「お水1リットル以上」とありましたが、1時間の体験で1リットルも飲めないよ、とも思っていました。
スタジオにはいると、確かに低温サウナのような熱気と湿度。

座って、インストラクターの方が来るのを待っているだけでも、背中にじっとりと汗をかくような感覚がありました。
スタジオ内は私語禁止のため、友達とアイコンタクトとボディランゲージで「暑いね」なんて会話を楽しみました。
体験レッスン自体は本当にあっという間に終わってしまいました。
難度の低いレッスンを受講したからか、前屈が全くできないほど体が硬い私にとっても、とくに難しいポーズはありませんでした。
しかし、とにかく汗をかく量が半端ではなかったです。
ブラトップのタンクトップの上に淡いグレーのTシャツを着ていたのですが、1時間のレッスン後には、グレーのTシャツが黒に近い色に変色するくらい、たくさんの汗をかきました。

ただ、予想してたような体へのしんどさはありませんでした。もっと、暑さでフラフラになるのかと思いきや、そんなことはなく、レッスン中も息が切れるわけではないのに、体がじんわりとあたたかくなり、徐々に心拍数があがっていきました。
浅い呼吸をたくさんするのではなく、ゆっくりと吸う吐くを繰り返す深い呼吸を意識するように言われていたからかもしれません。
スタジオを出た途端、店舗内の涼しい空気がとても心地よく、レギンスが足にぴったりと張り付くのを感じました。
その後、更衣室でシャワーを浴びました。
ゆっくりシャワーを浴びて、全身の汗を洗い流した後、入会の手続きの説明を受けました。
友達のひとりは入会しませんでしたが、私ともう一人の友達はその場で入会手続きをしました。
店舗の外に出ると、かなり日が沈んでいて、夕方の空気がまだ熱を帯びている体にとても心地よかったです。
中学生のころは運動系の部活動に入っていましたから、たくさん汗をかくこともあったと思うのですが、高校では文化系の部活に入り、体育の授業も真面目に受けてこなかった私にとって、こんなに汗をかいたのは何年振りだろうとしみじみ感じました。


少しみんなで初めてのホットヨガの感想を話しながら、友達のおすすめの焼き鳥屋さんへ行きました。
「ホットヨガ後はお酒がまわりやすい」と聞いていたので、全員お互いにペースをおとす約束をしつつ、ビールで乾杯しました。
その日のビールは本当に喉が鳴るくらい、とてもおいしかったです。
焼き鳥屋さんはとても混んでいて、店員さんも忙しそうで、注文した料理が出てくるは遅かったですが、そこでの女子会はとても楽しかったです。
よくいわれることではありますが、女子会において重要なことは「何を食べたか」ではなく「誰と食べたか」だというのを実感しました。
ほどよくお酒を飲みつつ、焼き鳥を頬張り、午後10時ごろ駅で解散しました。
次の日のお昼頃、一緒に行った友達に電話をしました。
その時、友達の声がとても暗かったので、事情を聴いたところ「二日酔いした」とのことでした。
普段はもっとたくさん飲む子だという印象があったので、昨日の量で二日酔いになるなんて、やはりホットヨガ後の吸収力はすごいなと思いました。
二日酔いになった友人は、もう二度とホットヨガ後にお酒を飲みにいかないと決めたようです。
しかし、私はたくさん汗をかいたあとのビールのおいしさを知ってしまいました。

今のところ、友達の決意は固いようですが、根気強く誘って、またみんなでホットヨガ後においしいビールを飲みに行きたいです。

 

ボウリング見学

この前、友人たちがファミレスにいるというので、自分もファミレスに向かいました。
到着まであと5分というところまで来たら、友人から電話があり「これからボウリング場でボウリングするけど来る?」との事でした。
自分はボウリングはやりませんが、見学は好きなので「行くよ~」と答えました。
ボウリング場への道は混んでましたが、渋滞していなかったので、バイクの自分はスイスイと走りました。
おかげで、友人たちよりも早くボウリング場に着きました。
ボウリングの駐車場でスマホゲームをして待っていたら、友人たちが続々集まってきました。
投げる方は6人でハウスボール(ボウリング場のボール)が1人、あとの5人はマイボールを持っていました。
ボウリングを見て思うのは「準備が大変だな」ということです。
指にテープを貼って、マイシューズの準備、マイボールを用意して、リスタイをする。
重いボールにたくさんの小物、リスタイ、大量の荷物をバイクで移動して準備するのは大変なので、いつも見学してます。
スコアも様々で200を超える強者もいれば、60台の人もいました。
が、みんな楽しそうでした。
ハイスコア200超えていた友人は、次のゲームで120台に終わってしまいボウリングは「メンタルのスポーツだな」って思いました。
私はズブの素人なので、レーンの状況やオイルの具合など、ハイレベル過ぎて理解できず、
ついていけませんでした。
誰かがストライクを取ればハイタッチして、スペアを取ればグータッチしたりして、参加していない自分でも十分に楽しめました。
今度、機会があればボウリングしたいと思います。

友達の運動会に行く

近所にある小学校の運動会が開催されました。

そこの小学校には長女と同じ幼稚園に通っていた同じクラスの友達が4人行っています。
他のクラスの子もいれたら全部で10人くらい通っているでしょうか。
そのうちの一人のママと私が仲良しなので、見に行くことにしました

校庭について友人を探していると、幼稚園時代のお友達のママを発見しました。
娘と別行動で友人を探していた私、急いで娘を呼びに行って、○○ちゃんだよ、と教えてあげると娘は大興奮です。

その視線のちょっと先に、仲良しのママを見つけました。

ママの隣にいる人、見たことあるな、幼稚園の保護者かな、と思っていたら、幼稚園の違うクラスの先生でした。

仲良しのママが声をかけたら見に来てくれたそうです。

娘のことも覚えていてくれて、娘はすごくうれしそうにしていました。

仲良しママの子供はかけっこが得意で、運動神経がとてもいいのですが、幼稚園の年長さんの運動会ではなぜかかけっこが4位に終わってしまいました。

今回はリベンジに燃えている、と聞いたので応援するために来たのです。

一年生のかけっこは距離も短いので、なかなか差がつかないのが現状です。
見た限りではものすごく早い子供もあまりいませんでした。

その中で友達の子供は、ぶっちぎりの一位をとっていました。

もう、スタートダッシュからして違いました。

2位以下の子たちを突き放して、文句なし、立派な一位をとっていました。

あまりに暑い日だったので、それを見届けて早々にグラウンドを後にしました

ゴルフっておもしろそう(*^_^*)

ゴルフって面白そうですね

以前からゴルフにはまっている人や周りにゴルフを始めた友人がいて、自然とゴルフの会話が増えてきました。
グリップがどうとか、体重移動がどうとか、左手主導で等いろんな用語を耳にします。
考えてみたら、ゴルフって他のどのスポーツよりもツール(ゴルフクラブ)の種類が多いのかな?
なので練習パターンがありすぎて、なかなか全部を極めるのが難しいのかなぁ???
なんて素人の私は思ってしまいます。
パターは楽しそうですが...

 そんな上達方法に戸惑っているあなたに、よさそうなレッスン動画ネットにいろいろとあるみたいですよ。
今はネットで検索の時代ですね。(^^♪

応援だけってツライ!

息子はバスケットボールをやっていますが、現在ケガをしていて練習も試合もできません。

昨日は練習試合だったのですが、練習は見学ですし、試合はスコアラーなどをすることになります。
しかしもともとバスケットボールが大好きなので、チームメイトのボール拾いをしているついでに、
どさくさにまぎれてチームメイトと1対1をしてしまったりしていました。
バスケが大好きな息子にとって、目の前でバスケができる環境なのに、自分だけできないというのは地獄のような状態のようです。
しかし一日も早くバスケに復帰するためにも、今は安静が大切なのですが・・・。

ケガをするということは、バスケができなくなるということ!これを身をもって学んだ息子は、今後無茶なことをしなくなるといいのですが。
小学生の男の子に 「おとなしくしなさい!」は無理な話なのかもしれません。

椎間板ヘルニアの治療をしてた頃

甲子園以上の思い出ができました。
私が高校球児だった頃、部内では筋力強化に力を入れていました。
それは甲子園を目指す監督の意向であり、トレーニングマシンで非常にハードなトレーニングを
毎日のように続けました。
音をあげようものなら厳しい叱責を受け、退部届は受け付けてもらえないような環境でした。
当時の状況は保護者からの印象が良くありませんでしたが、厳しい監督により部員は洗脳されていた
のだと思います。
ある日、私は腰に激痛を覚えて動けなくなりました。
椎間板ヘルニアになってしまい、それを理由に退部しました。
退部してからは椎間板ヘルニアの治療に専念し、辛い治療生活が始まりました。
私が椎間板ヘルニアの治療を受けている中で野球部のトレーニングが問題視されたようで、ハードな筋力トレーニングは中止になったようです。
さらに、かつての仲間が連日私を心配してくれました。
甲子園に行くことはできませんでしたが、良い仲間に恵まれたので甲子園以上の思い出ができたと思います。