旅行やおでかけ

親子3人で四ッ谷の消防博物館と東京おもちゃ美術館に行ってきました。

今日は主人と1歳8か月の息子と、3人で四ッ谷三丁目にある消防博物館と東京おもちゃ美術館に行ってきました。都内でも「四ッ谷」ってあんまりピンとこなくて、いままで行ったことがなかったのですが、調べてみたら狭い範囲に子連れで楽しめる施設がいろいろあって面白いエリアなんですね!
今日行った消防博物館と東京おもちゃ美術館以外にも、お店の入り口の看板に大きく「ベビーカー歓迎!」と書いてあるごはん屋さんがあったり、アンパンマンショップの中に子供が自由に遊べるコーナーがあったり、子連れに優しい配慮がされた地域だなぁと感じました。
うちの子はまだガッツリ遊べる月齢でもないのでそれぞれの施設でちょこちょこっと遊んだだけでしたが、幼稚園から小学生くらいのお子さんがたくさん遊びに来ていて、中には観光客のような欧米系の家族もいらっしゃって、みんな楽しそうに遊んでいました。消防博物館や東京おもちゃ美術館は海外の方からみても魅力的な施設なのかもしれませんね。
特に消防博物館は内容が充実していて大人でも充分楽しめる施設だと思いました。しかも入館料が無料!!

「こんなに内容が濃いのにほんとに無料でいいんですか~?!」って感じでした。消防に関する歴史や技術を楽しく学べて、なにより子供が喜ぶ消防車やその他の緊急車両などの展示がたくさんありました。中には乗車して記念撮影できる車両もあって子供たちに大人気でした。
撮影用の小物として消防士の衣装やヘルメットなども置いてありましたが、サイズ的に小学生くらいの子が着る用だったので今回はうちの子は着られませんでした。
でもとっても可愛かったのでもうちょっと大きくなったら着せてあげたいなぁと思いました。入館料無料だし、たぶんまた何回か遊びに行くと思います!
消防博物館を見た後に行った、東京おもちゃ美術館は昔小学校だった校舎を再利用していて、とっても懐かしい感じのする建物でした。階段の手すりの感じとか廊下の雰囲気とか「あぁー!この感じ!懐かしい!」と主人大興奮して写真を撮りまくりました(笑)
展示室も教室をそのまま使っている感じで、世界中から集めたいろんなおもちゃがセンス良く展示されていました。中でも、温かい雰囲気の木のおもちゃが素敵で、大人の私の方がほしくなってしまうくらい可愛くて、見ていてほっこりした気分になりました。

子どもたちがおもちゃで自由に遊べるエリアでは、うちの子も大興奮で、自分より大きいお兄ちゃん、お姉ちゃんたちに混ざって走り回って遊んでいました。
混んでいたので人をかき分けて我が子を追いかけるのでもう必死!ちょこまかちょこまか動き回って狭い隙間に入り込んだり、天井の低いところに入って行ったり、階段を上っていこうとしたり・・・思いがけず、とってもアクティブな息子のおかげで親の私も童心に返ったようにいろんなところを探検できて結構面白かったです。
室内でおもいっきり遊んだ後、外の校庭だった場所の遊具でも一通り遊んで、息子は大満足のようでした。遊びすぎて疲れたのかベビーカーに乗せて帰るころにはコロッと一瞬で寝てしまいました。
普段は保育園に預けているのでなかなか親子で遊ぶ機会がありませんが、一日中おもいっきり親子で遊ぶ休日ってなかなか良いものだなぁと思いました。

産学官で奈良の魅力をアップする

近畿の中で内陸県とも言えるのが奈良県です。
奈良と言えば京都と並んで修学旅行のメッカですが、それは古都であるため文化財が豊富にあるからです。古い時代の文化財がこれほど残っている地域は日本中を探してもありません。
多くの人が惹きつけられる理由もわかります。

そうした事情もあり、奈良のお店や会社においては観光に関連して、ビジネスをしているところが多いように思います。
奈良では文化財自体が観光資源と言えるわけですから、奈良のお店や会社がこの豊かな観光資源を利用するのも当然と言えます。
今、円安と言うこともあり、海外から日本にやってくる観光客も増えています。

ですから、こうした観光客をどんどん取り込むようにすれば、奈良もさらに発展すると思います。
豊かな文化財があるからと言って、それに甘えることなく、魅力をアップしていく取り組みも求められています。
一回行けば十分ということではなく、何度でも行きたくなるようなところにするべきです。

つまり、奈良のリピーターをいかに増やしていくかが今後の奈良の観光産業にとって重要な課題となってきます。
そのための取り組みを産学官が共同して行っていけば、良い知恵が出てくるように思います。

東京、浅草でレンタル着物って便利ですよね

国内だけではなく海外からの観光客にも人気の東京、浅草レンタル着物を着られたら、すごくいいと思いませんか?

東京、浅草レンタル着物を着て歩いていたら、きっと海外からの観光客からも注目されると思うんです。
一緒に写真を撮ってほしいと言われたり。

それも旅の記念になりますよね。

レンタルがいいのは、いくつか理由があります。
まず、こちらも観光で東京を訪れている時に余計な荷物を持たなくてもいい点です。
どうしても、大荷物になっちゃいますからね。

そして、着物というのは季節感があるものなので、自分で四季合わせた着物を用意するのは大変です。
柄もそうですし、生地の厚みもあります。

ですが、東京、浅草でレンタル着物を用意してくれる店で選べば、最適な物が簡単に借りられますね。

やはり江戸は京都と並んで着物の本場というところもあり、また、浅草はとても着物が似合う町でもあります。

着物を着て写真を撮るには最適!
ということで、TPOに合った着物を選びたいですよね。

ところで、東京、浅草でレンタル着物を営んでいるお店は、どのくらいあるのでしょうか。
また、どのくらいの料金がかかるのでしょうか。
少し検索すると、お店やその料金表もたくさん出てきますね。
どうしても、着物は浴衣や化学繊維の生地のように安いものから、訪問着・アンティークのように高価なものまでピンキリです。

また、自分で着付けが出来る・出来ないや、下着や草履・小物まで借りるとなると、どうしても料金に幅が出てくるようです。
着付け教室に通っておくと、少し安くなるのかなとは思います。

面白いのは人力車で巡るプランや、撮影プランがある所。
また、一泊二日で借りられるプランを用意してくれているお店もあります。
英語での対応も可能、というお店も。
そういえば、外国人にも着物を着て撮影って、人気があると聞いたことがあります。
着物レンタルって、今ではほとんどレジャーの一つのような扱いなのかもしれませんね。

佐里駅から西にあるホテルはおすすめ(*^▽^*)

 佐賀県の佐里駅から西の方角に進みますと、1件のホテルが立地しています。
もしくは西九州道路唐津インターチェンジから、車で行く事も可能です。
もしも佐賀の温泉ホテルに宿泊したい場合、そのホテルはおすすめです。

ホテル内のレストランの食事もおすすめですよ~

そのホテルの場合、まず内風呂がとても魅力的です。
和風の雰囲気が漂っているお風呂で、とても広々としていますね。

またお部屋にもお風呂が備え付けられていますが、それは上記のお風呂とはまた違った雰囲気があります。

どちらの露天風呂も、とても魅力的ですね。

またそのホテルの場合は、料理にも魅力があります。

多彩な食材をふんだんに使った料理が提供されますので、とても美味しい食事を満喫できると思うのです。

そのようなホテルに行くと、やはり都会の喧騒などを忘れてしまうと思いますね。
その意味で、佐賀の温泉ホテルに宿泊したい場合は上記のホテルはおすすめです。

なら燈花会 今年こそは行きたいなぁ~


2014 8/5 – 8/14 古都奈良でなら燈花会のイベントが開催されます。

毎年行きそびれてしまって、今年こそは心にしみるろうそくの灯りみたいなぁ~

なら燈花会とは(公式HPから抜粋)
1999年に誕生した『なら燈花会』。
古都奈良にろうそくの灯りがとけ込み、人々の心にさまざまな感動を与えてきました。
夏のたった10日間だけ、広大な奈良の緑と歴史の中にろうそくの花が咲きます。
『燈花』とは、灯心の先にできる花の形のかたまり。
これができると縁起が良いと言われています。
『なら燈花会』を訪れた人々が幸せになりますように。
そんな願いを込めてろうそく一つ一つに灯りをともします。
う~ん 幻想的
今年こそ心ゆったり燈花会を満喫したいです。

初投稿です。

初投稿です。

よろしくで~す
先日和歌山のアドベンチャーワールド行ってきました。
念願のパンダちゃん 暑そうであんまり動いてなかったけど
やっぱりかわいかったなぁ~