にゃんこと一緒のゆっくりな休日

今日と明日は仕事も休みなので、今日はゆっくり家のことをすることにしました。

まずはたまった洗濯と掃除です。
洗濯物を放り込んで、スイッチ入れて、その間に掃除機をかけて…。
いつものように慌てないで済むと、掃除もなかなか楽しいです。

いつもは忙しくて、掃除は最低限ですが、今日は時間があるので、ソファーの下も…と、ソファーを動かしたら…!
鉛筆やペットボトルの蓋とか、洗濯バサミとか、たっくさん出てきました。
最近、電話のそばの鉛筆が、しょっちゅうなくなるなと思っていたら、どうやらにゃんこが溜め込んでたようです(笑)
当のにゃんこは、キャットタワーの上で「あーあ、ばれちゃった」っていう顔。
ごめん、宝物なのはわかるけど、どかさせてもらいますよ。

あちこち掃除機をかけて、ついでに棚もやっちゃおうと物をどかしていると、出ました!ネコの手伝い!!どかしたものの上に登って点検したり、棚の中に入り込んだり、小さいものを小突き回してみたりと、楽しそうに手伝ってくれます。
楽しそうだし私も楽しいのですが、つい遊んじゃったりして、ぜんぜん掃除が進みません。
猫飼いあるあるですね。
「ちょっとー、もう、どいてよ!」って言ってどかすと、面白がってまた乗っかってきます。
私が遊んでると思ってるのかな…。

洗濯機が止まったので、掃除を中断して干しに。
天気がいいので気持ちよく干して戻ってきたら、棚の小さな置物が全部落とされてました…(笑)
棚の戸を、うっかり閉めきらないでしまったみたいで、にゃんこが開けちゃったようです。
しまった、油断した…。
棚の上で、「すごいでしょ!?」って、まん丸い目をして、ものすごいドヤ顔。
「こらー!!」って怒ったら、「ウニャン」なんて言って、ドタドタ逃げて行っちゃいました。
ここで追っかけると、大喜びで追っかけっこ開始だし、追っかけないでいると、戻ってきてリビングのドアのとこからそーっと覗きます。
いつものことですが、足音も表情も可愛くて、いつも笑っちゃいます。

猫ってずるいですよね…こんなに可愛くて。
どんないたずらをしても、可愛くて怒り切れません。それに怒っても、猫は3秒もたつと忘れてて、何を怒られたかわからないとか、3秒以内でも「自分が悪いことをした」ってわからないで「怖い人だ」って思われるだけとか、よくいいますね。
「自分が怒られるはずない」とでも思ってるんでしょうか。
凹みやすい私から見ると、けっこううらやましいです、その性格…(笑)

猫の手を借りつつなんとか掃除も終わって、午後はのんびり撮りためた録画みてました。
その間、にゃんこは私にくっついてお昼寝。
イタズラっ子で時々困るけど、やっぱり可愛いし、とっても癒されます。
にゃんこがいてくれて、幸せだなーって、毎日思います。

そんなのんびりな一日でした。
明日もいい日でありますように。

奈良市で債務整理

多重債務を抱えてしまった場合、早いうちに債務整理をした方が良いです。早く借金を整理したほうが、その分利息を払わなくて済むからです。

特に借り入れ金額が大きい場合、一刻も早く整理に取り組むことが重要です。いくら利息を払っても借金の元本がなくなるわけではありませんので、永遠に発生する利息を払い続けることになります。

利息分を返すのに精一杯で返済の見通しが立たない場合、弁護士に相談するなどして債務整理の手続きを始めましょう。その時点で利息が確定してそれ以上利息は増えることはありません。借り入れた金額によっては、業者と交渉することで長期間分割して返済することができるようになるケースがあります。返済の見通しが立ち、月々の返済額が減るため経済的、精神的に苦しい生活から抜け出すことができます。

交渉は弁護士が行うため、自分で業者と話す必要はありません。債務整理の手続きを行っても、家族や勤め先の会社などにその情報が伝わることはありません。交友関係などに影響があるのではないかと心配する必要はありません。社会的な評価を落とすことなく、今まで通りの生活を続けることができます。

カード審査などに利用される信用情報機関には記録が残るため、債務整理をした後すぐにクレジットカードを作成したり、カードローンを組んだりすることはできませんが、一定期間を過ぎると記録は消えるため、再びカードを作ることも可能になります。債務整理をしても、生活を立て直したあとは生活に不自由が残ることはありません。

知人は奈良市で債務整理をしました。行政書士に頼んで、全てお任せで債務が完了し、50万円ほど戻ってきたらしいです。

クラシック音楽を聴いて眠くなるのはなぜかという命題について

数年前、突然クラシック音楽に目覚め、某交響楽団の定期会員になり、ほぼ月1回演奏会に足を運んでいます。クラシック音楽、オーケストラ演奏の魅力とは何か、自分でもうまく説明できないのですが…。すごーくベタに、そしてキザに言わせてもらえば、それは星の輝きに似ている、ということでしょうか。長いときを経ても色褪せない輝きがクラシック音楽にはあると思うのです。遠い遠い、気の遠くなるほど遥か遠くの宇宙のどこかで煌めいた星の光が、私たち見る者の心に何かを与えるように、何千キロも離れた場所で、何百年も前に書かれた音楽が聴く者の心を震わせるのですから。
さて、そのような魅力溢れるクラシック音楽の演奏会ですが、唯一欠点があるとすれば、それは「眠ってしまう」ということなのです!美しい音楽、素晴らしい演奏に酔い痴れるうちに、なぜか睡魔が襲ってくるのです。演奏会に行き始めたころは「眠ってしまうなんて恥ずかしい」と思っていたのですが、ふと周りを見れば、居眠りしている人はそこここにいるのです。それに気づいてからは「人はクラシックの演奏会では眠るもの。眠ることを恐れて演奏会に行かないのは間違い」と考えるようになりました。

ところで、私はなるべく多くの演奏会を聴きに行きたいので、チケット代の安い席、つまりステージからは遠い席を選ぶようにしています。某酒造会社の名前のついた有名なコンサートホールの一番安い席は、ステージの後ろの席なのですが、さすがに音が聞こえにくいので、この席で演奏を聴いたのは1回だけです。その演奏会では、アメリカの作曲家で詩人・思想家のジョン・ケージの作品が演奏されました。二十世紀を代表する前衛芸術家の作品だけあって、いわゆる現代音楽で、演奏者たちはよく見る黒いスーツ姿ではなく、Tシャツに綿のパンツなどの普段着姿だし、龍安寺の石庭からインスピレーションを得て書かれた曲だとかで、それぞれのパートごとに演奏者が移動して演奏するなど、私が好んで聴くクラシック音楽とはまったく異なるものでした。

それはそれで面白かったのですが、ステージの後ろの席、つまり演奏者の後ろから客席が見渡せ、いかに多くの人が睡魔との闘いに負けているかがよくわかったのでした。ステージの一番前の席、おそらくその日、私の45倍のチケット代を払ったであろう人も、何人も首をがっくり前に倒して眠っていました。さすがに「もったいないなぁ」と思ったものです。でも、そんなことばかり考えていたせいか、その不思議な演奏会で、私はまったく眠らなかったのです!クラシック音楽で眠くなるというのは、つまりは音楽の世界に深く入り込んでいるからなのだという思いを強くした私なのでした。

猫バカ夫婦の猫の愛し方

私の家ではメス猫のだいきちを飼っています。
私とだいきちの出会いは約10年前でした。その子は、人から譲り受けたのですが、つやつやした毛並みのアメリカンショートヘアの子猫でした。
その子猫を見た瞬間、メスなのに、なぜかだいきちという名前が思いつきました。
その時からだいきちと呼ばれ、今では、だいきちくんと呼ばれ、なんだか顔つきもやや凛々しい様な気さえします。

だいきちくんは、今、体重約5㎏という小さくもないですが、それほど大きくもありません。
ですがこの5㎏を膝や、みぞおち、首もとで受け止めると、とんでもなく苦しいのです。
膝やみぞおちは、なんとなく想像がつくかとは思うんですが、首もとは、相当しんどいです。
私が寝ていると、ゆっくり体の上に乗ってきて、なぜか首もと付近で毛づくろいを始めたり、そのまま寝たりします。私の呼吸がしづらいことなんかは、全くおかまいなしです。

私の夫にはもっとひどくて、もはや首の上に乗って、ごろごろし始めます。
そういうことをだいきちくんはしてくるので、たまに私と夫は睡眠時間が3時間くらいしかない日もあります。
でも、やっぱりかわいいのです。
たまに本気でイラッとしますが、かわいいのです。

だいきちくんのかわいい行動としてもうひとつあるのが、人間の言葉を理解しているかの様な行動をとることです。
私たちが、だいきちくんかわいいね、好きだよなんて声をかけると、頭を擦り付ける様に寄ってきて、小さくニャンなんてないたりして、クリクリした目で見つめてくるのです。

もうそんな時はだいきちくんの体中を、ぐりぐり撫でぐりまわして、こちらも最大級の愛情表現をします。けれど、たまに、だいきちくんなんだかくさいねぇなんて冗談で言っていると、いきなり血相を変えて飛びついてきて、爪で顔を引っかいたり、ものすごい攻撃をしてきます。

何年か前は、数分間血が止まらないほどの攻撃を夫に加えました。
そんなこともありましたが、やっぱりかわいいのです。
猫バカです。

そんな猫バカ夫婦ですが、ここ数年で気づいたことがあります。
ご飯を食べたい時に、見つめてくるということです。じゃれつくでもなく、攻撃してくるでもなく、キリッとした顔で、こちらを見てくるのです。
ただ、最初の時はご飯が食べたいなんてわからなかったので、遊びたがっているのかと思い、かまっていたのですが、どうやらそれは違うということにやっと気づきました。

こちらをじっと見つめてきた時には、ご飯をパッパッと出して、準備してあげます。
美味しそうにご飯は食べるのですが、水はあまり飲みません。
これは小さい時からで、夏場にたまに多めに飲むくらいです。猫は意外と病気になりやすいなんて話もよく聞くので、なんとか水分もしっかり摂ってほしいと思い、猫バカ夫婦はちょつとお高めの猫用水飲み容器を買ったのです。
高かったです。

まさかこういうものにこんなに気を使うなんて、思いもよらなかったです。
けれどこれに水道水を入れるだけで、味が少しまろやかになって、美味しくなるそうなのです。
この水飲み容器のおかげで、ここ何年かは以前よりも水をごくごく飲んでくれるようになりました。
あんなにひどい攻撃をされても、やっぱりだいきちくんはかわいいのです。
長生きしてね。だいきちくん。

だいきちくんを病院へ連れて行くときは、いつも東京のペットタクシーを利用しています
親切なドライバーさんが多いのでホントに助かってます。

インフルエンザにかかったことがあるかどうかなんて、おぼえちゃいないよ

先日、この時期、毎年恒例にしているインフルエンザの予防注射を受けるため近所の内科を訪れました。

ソファーに腰掛けて順番待ちをしていると、まもなく、高齢の女性が一人、身内の人の付き添いもなく、来院してこられました。予防注射を受けるために来られたようですが、耳に入ってくる、その女性と看護婦さんとのやりとりがどうも、噛み合っていない様子です。

足取りはしっかりした方ですが、少し、認知症を患っておられるのかもしれないと思いながら、二人の問答を聞いていると、看護婦さんはしきりに「インフルエンザの予防注射を受けるのは、今回初めてですか」、と尋ねているのに対し、女性は「返答に困ったように、たぶんそうだと思います、よく覚えていませんが。。」としか答えられません。さらに、「これまでにインフルエンザにかかったことがありますか」と聞かれても、やはり女性は「たぶん、ないと思います、よく
私は、看護婦さんがしびれをきらして、女性に対してきつい調子で応対しはじめるのではないかと、少し、ハラハラししながら、聞き耳をたてていましたが、さすがに看護婦さんは慣れたもので、そんなことにはならず無事収まりました。

最初、私は、女性が自分がインフルエンザにかかったことがあるかどうかも覚えていないと返答したことに、人が歳をとることの悲しさを感じました。しかし、そのあと、外見や足取りからはとてもそんな年齢にはみえない、その女性が90歳であると知ったとき、全く別の空想が脳裏をよぎりました。

つまり、その女性にとって、(今日に至るまでさまざまなことがあったであろう、その女性の長い人生のなかで)、インフルエンザにかかったことがあるかどうかなど、記憶するにも値しないほど、些末なことに過ぎなかったのかもしれない、という思いです。

本当は、過去に1回や2回、インフルエンザにかかったことはあるのかもしれないけど、ただの風邪だと思って、あるいは病院を訪れるヒマもなく、その都度やり過ごしてきただけなのかもしれません。

そういえば、作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんも、あるテレビ番組のなかで「友達に言われるまで、自分がこんな病気にかかったことがあるなんて、すっかり忘れてたの、いやだわ、アハハハ」と笑い飛ばしておられました。そんなこともあるのかと、そのときは少し驚きました。

今回、この女性の一件で、もし自分が90歳になったとき、それまでに煩ったことのある病気をどのくらい覚えているだろうかと心許なく思うとともに、90年という歳月を生き延びた人のたくましさは並大抵ではないのだなと感心した一日でした。

抜歯!虫歯を放って置くと大変!

みなさんは歯医者に行ったことがありますか?
虫歯や予防などで1度は足を運ぶ場所だと思います。
私は最近通院していました。
子供を授かり、保健所の健康診断で虫歯があると言われ、一般歯医者に行ってきました。そしたら、奥歯の虫歯が神経までやられてるということで抜歯をしなければならないとお医者さんに言われました。

実は私は学生の頃、虫歯ができて、一時期ちゃんと通っていたのですが、詰め物をする時に歯茎まで一緒に詰められてしまったのです。それがもう痛くて痛くて、姫路市の歯医者に行き、詰め物を外してもらうとすぐ行くのをやめてしまいました。これがトラウマになってなかなか行く勇気がありませんでした。その後、歯医者に行くと抜歯しなければならなくなったのです。もう妊娠中でしたので薬などをあまり飲めませんので、出産が終わるまでは他の歯の治療や定期検診をし、産後に抜歯をするという段取りでした。そこの歯医者はとても上手でスピーディな歯医者だったので通い続けることが出来ました。たくさんの賞などをもらってお医者さん自体が優秀だった様です。歯医者衛生士もたくさんいましたが、皆優しい方達ばかりでした。抜歯の時もきちんと説明してくれ、ここだったら任せられると思いました。抜歯した後、インプラントをおすすめされました。このとき、インプラントを初めて学び、インプラントはものすごく高いけれど、それだけ便利だということも学ばせていただきました。

この歯医者に通ってから歯医者に興味が湧きました。
特に興味を持ったのはホワイトニングと矯正です。
ホワイトニングはお金に余裕があったらしたいですね。
歯が白いのは清潔感がありますよね。

人は第一印象が大事ですので歯が白いと綺麗に見えます。
明るく見えます。歯が白いとまた人生が1つ変われるような気がします。そして第一印象に大事なものがもう一つあります。それは矯正です。歯並びが綺麗ですとよく思われますよね。歯並びが悪かったり、出っ歯ですと相手の方も自分自身も気にしてしまうんです。出来れば矯正もしてみたいものです。

出会い系アプリのニーズについて

最近出会い系アプリにはまっています。このアプリを使うと見ず知らずの人に簡単に会うことができるので、私はよくこれを活用して新たな発見をしたいと思っているのですが、出会い系アプリと聞くとどうしても怪しげなイメージと、架空請求などの怖いイメージを持ってしまう方が多いかと思いますが、そもそも出会い系アプリとは出会いたい人同士のニーズをマッチングしてあげるサービスのことです。
なので、出会うための理由は何でもいいのです。
つまり、ニーズが合えばたとえ恋愛だろうとビジネスだろうと、勉強だろうとそうです。すべてのマッチングサイトはほぼ出会い系と同じビジネスモデルなのです。ということは、マッチングということに着目して、今後さまざまなニーズにおけるマッチングアプリが登場してくるでしょう。

例えば、英語を学びたい日本人と、日本語を学びたい外国人をマッチングするサービスなどはもうすでにあります。
このように様々な目的に合わせてニーズをマッチングしていくアプリが今後の出会い系アプリの主流になるのではないでしょうか。
もっと言えば、ニーズが細分化されると思います。
出会い系アプリは何も恋愛に限った話ではなくなってきているのです。
出会い系という言葉が世間的にあまりいいイメージを持っていないので、どうしてもこのようなアプリは警戒されがちかもしれませんが、まじめなマッチングビジネスとして運営を行っているアプリであればもしかしたら自分のなかなか叶えることができないニーズを簡単に叶えることができるかもしれません。世の中はこれから簡単に友達が作れてしまう時代になってしまうのかもしれません。
そして、簡単に自己啓発、能力向上のための努力をすることができることでしょう。
私は最近、ピアノを始めたのですが、出会い系アプリを活用して、同じピアノ初心者とお知り合いになったり、指導者の方とお会いしてレッスンを受けたり、順調にピアノの腕を向上させています。

椎間板ヘルニアの様々な治療法

激しいスポーツや重い荷物を持った際、または老化によって椎間板ヘルニアは起きてしまいます。

腰への痛みが一番多い椎間板ヘルニアですが、症状が悪化すると自分自身でトイレのコントロールすら出来なくなってしまうのです。

この椎間板ヘルニアにはいくつかの治療法が存在します。現在お悩みの方は自分に合った治療法を見つけ今後に生かして頂ければと思います。

<薬を使った治療>
8割程度の方は手術はせずに症状がおさまると言われています。腰などの激しい痛みを服薬で対処し徐々に症状が消えるのを待つのです。
しかしいつまでも服薬を続けるという訳にはいきませんので3ヵ月程経っても効果が表れないようであれば手術を考えなくていけません。

<運動での治療>
椎間板の圧迫を減らし、血液の流れを改善し痛みを減らす治療です。主に筋力トレーニングやストレッチを行います。ヘルニアになると痛い部分をかばってしまい別の箇所を痛めてしまう事が良くあります。それに対してもストレッチは有効になってきます。

<器具を使った治療>
コルセットやバンドを使い腰などの痛む部分を支え安定させる治療です。おじいちゃんやおばあちゃんなど筋力トレーニングやストレッチが難しい方にはオススメです。
しかし器具に頼ってしまい腹筋や背筋の筋力を低下させてしまう事がありますので注意が必要です。

<温める治療法>
痛む部分を温めてあげる事で痛みを和らげます。主に赤外線照射やホットパックを使います。新陳代謝を良くすることで結構を良くします。
近年ではパソコンなどの普及により激しい運動や加齢だけではない椎間板ヘルニアの原因が増えています。
上記の治療法でも効果が見られない場合は手術が必要になってくるかも知れませんが、一度自分に合った治療法を試してみてはいかがでしょうか?

ホットヨガ初体験とその後の女子会

友達と三人でホットヨガの体験に行きました。
社会人になってから、なかなか会えない友達と待ち合わせをして、同じ初体験をするのはドキドキと心強さが共存する不思議な感覚です。
私はもともと汗をかかないほうなので、ホットヨガでも効果があるのか、ちゃんとデトックスできるのか、かなり半信半疑な状態でした。
事前に言われていた持ち物で「お水1リットル以上」とありましたが、1時間の体験で1リットルも飲めないよ、とも思っていました。
スタジオにはいると、確かに低温サウナのような熱気と湿度。

座って、インストラクターの方が来るのを待っているだけでも、背中にじっとりと汗をかくような感覚がありました。
スタジオ内は私語禁止のため、友達とアイコンタクトとボディランゲージで「暑いね」なんて会話を楽しみました。
体験レッスン自体は本当にあっという間に終わってしまいました。
難度の低いレッスンを受講したからか、前屈が全くできないほど体が硬い私にとっても、とくに難しいポーズはありませんでした。
しかし、とにかく汗をかく量が半端ではなかったです。
ブラトップのタンクトップの上に淡いグレーのTシャツを着ていたのですが、1時間のレッスン後には、グレーのTシャツが黒に近い色に変色するくらい、たくさんの汗をかきました。

ただ、予想してたような体へのしんどさはありませんでした。もっと、暑さでフラフラになるのかと思いきや、そんなことはなく、レッスン中も息が切れるわけではないのに、体がじんわりとあたたかくなり、徐々に心拍数があがっていきました。
浅い呼吸をたくさんするのではなく、ゆっくりと吸う吐くを繰り返す深い呼吸を意識するように言われていたからかもしれません。
スタジオを出た途端、店舗内の涼しい空気がとても心地よく、レギンスが足にぴったりと張り付くのを感じました。
その後、更衣室でシャワーを浴びました。
ゆっくりシャワーを浴びて、全身の汗を洗い流した後、入会の手続きの説明を受けました。
友達のひとりは入会しませんでしたが、私ともう一人の友達はその場で入会手続きをしました。
店舗の外に出ると、かなり日が沈んでいて、夕方の空気がまだ熱を帯びている体にとても心地よかったです。
中学生のころは運動系の部活動に入っていましたから、たくさん汗をかくこともあったと思うのですが、高校では文化系の部活に入り、体育の授業も真面目に受けてこなかった私にとって、こんなに汗をかいたのは何年振りだろうとしみじみ感じました。


少しみんなで初めてのホットヨガの感想を話しながら、友達のおすすめの焼き鳥屋さんへ行きました。
「ホットヨガ後はお酒がまわりやすい」と聞いていたので、全員お互いにペースをおとす約束をしつつ、ビールで乾杯しました。
その日のビールは本当に喉が鳴るくらい、とてもおいしかったです。
焼き鳥屋さんはとても混んでいて、店員さんも忙しそうで、注文した料理が出てくるは遅かったですが、そこでの女子会はとても楽しかったです。
よくいわれることではありますが、女子会において重要なことは「何を食べたか」ではなく「誰と食べたか」だというのを実感しました。
ほどよくお酒を飲みつつ、焼き鳥を頬張り、午後10時ごろ駅で解散しました。
次の日のお昼頃、一緒に行った友達に電話をしました。
その時、友達の声がとても暗かったので、事情を聴いたところ「二日酔いした」とのことでした。
普段はもっとたくさん飲む子だという印象があったので、昨日の量で二日酔いになるなんて、やはりホットヨガ後の吸収力はすごいなと思いました。
二日酔いになった友人は、もう二度とホットヨガ後にお酒を飲みにいかないと決めたようです。
しかし、私はたくさん汗をかいたあとのビールのおいしさを知ってしまいました。

今のところ、友達の決意は固いようですが、根気強く誘って、またみんなでホットヨガ後においしいビールを飲みに行きたいです。

 

一重まぶたで辛かった


私は生まれつき一重まぶたで、とても細い目に悩んでいました。
小学生の頃は特に自分の見た目を気にしたことがなかったのですが、中学生の頃自分の目の細さで悩むようになりました。
さらに、同じ学年の男の子から、すれ違うたびにキモいとか、あだ名をつけられたり、発表した時に笑われたりして辛い経験をしました。
性格は明るかったので女の子の友達は沢山いたし、普通に接していました。
高校生になっても、見た目の事で悩み続け、また男の子に色々と言われるようになりました。
笑っていたら、遠くから笑ってんじゃねえよブスと言われたのが、すごくショックでした。

社会人になって会社に就職しましたが、飲み会の時も話しかけられず、きれいな女性は沢山話しかけられていてとてもたのしそうでうらやましかったです。
私はまたもや影であだ名をつけられていました。ある女芸人に似ているそうです。

私はだんだん整形を考えるようになっていました。
飲み会で悲しい思いをした時に決めました。
整形しよう!と思いました。
私が考えたのは埋没手術で、まぶたに糸を留めて二重まぶたを形成するもので、最近はやっている人も多いプチ整形です。
色んなブログやサイトをみて研究し、いよいよその日になりました。
私の住んでいる場所は田舎で美容整形外科医院がないので、車で片道時間ほどかけて行かなければなりませんでした。
前日は失敗したらどうしよう、という不安と、やっとこの一重まぶたから解放されるという嬉しさが交差してねれませんでした。
いよいよ施術の日になり、予定通り施術をうけました。

まぶたの裏に麻酔を打つのですが、それが痛く、痛みは感じませんでしたがまぶたを弄られている感じかしました。
終わった後目がつっぱる感じがひどく、鏡を見ると泣きはらした後のように腫れていましたが3日ほどで引きました。
二重になると印象がガラッと変わったような気がしました。
色んな人から可愛くなったと言われるようになり、会社でデートに誘われたり、初めての彼氏ができたりしました。
プチ整形でも決断するのにすごく勇気がいりましたが、少しでも可愛くなれて今は後悔していません。
満足しています。