インフルエンザにかかったことがあるかどうかなんて、おぼえちゃいないよ

先日、この時期、毎年恒例にしているインフルエンザの予防注射を受けるため近所の内科を訪れました。

ソファーに腰掛けて順番待ちをしていると、まもなく、高齢の女性が一人、身内の人の付き添いもなく、来院してこられました。予防注射を受けるために来られたようですが、耳に入ってくる、その女性と看護婦さんとのやりとりがどうも、噛み合っていない様子です。

足取りはしっかりした方ですが、少し、認知症を患っておられるのかもしれないと思いながら、二人の問答を聞いていると、看護婦さんはしきりに「インフルエンザの予防注射を受けるのは、今回初めてですか」、と尋ねているのに対し、女性は「返答に困ったように、たぶんそうだと思います、よく覚えていませんが。。」としか答えられません。さらに、「これまでにインフルエンザにかかったことがありますか」と聞かれても、やはり女性は「たぶん、ないと思います、よく
私は、看護婦さんがしびれをきらして、女性に対してきつい調子で応対しはじめるのではないかと、少し、ハラハラししながら、聞き耳をたてていましたが、さすがに看護婦さんは慣れたもので、そんなことにはならず無事収まりました。

最初、私は、女性が自分がインフルエンザにかかったことがあるかどうかも覚えていないと返答したことに、人が歳をとることの悲しさを感じました。しかし、そのあと、外見や足取りからはとてもそんな年齢にはみえない、その女性が90歳であると知ったとき、全く別の空想が脳裏をよぎりました。

つまり、その女性にとって、(今日に至るまでさまざまなことがあったであろう、その女性の長い人生のなかで)、インフルエンザにかかったことがあるかどうかなど、記憶するにも値しないほど、些末なことに過ぎなかったのかもしれない、という思いです。

本当は、過去に1回や2回、インフルエンザにかかったことはあるのかもしれないけど、ただの風邪だと思って、あるいは病院を訪れるヒマもなく、その都度やり過ごしてきただけなのかもしれません。

そういえば、作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんも、あるテレビ番組のなかで「友達に言われるまで、自分がこんな病気にかかったことがあるなんて、すっかり忘れてたの、いやだわ、アハハハ」と笑い飛ばしておられました。そんなこともあるのかと、そのときは少し驚きました。

今回、この女性の一件で、もし自分が90歳になったとき、それまでに煩ったことのある病気をどのくらい覚えているだろうかと心許なく思うとともに、90年という歳月を生き延びた人のたくましさは並大抵ではないのだなと感心した一日でした。

抜歯!虫歯を放って置くと大変!

みなさんは歯医者に行ったことがありますか?
虫歯や予防などで1度は足を運ぶ場所だと思います。
私は最近通院していました。
子供を授かり、保健所の健康診断で虫歯があると言われ、一般歯医者に行ってきました。そしたら、奥歯の虫歯が神経までやられてるということで抜歯をしなければならないとお医者さんに言われました。

実は私は学生の頃、虫歯ができて、一時期ちゃんと通っていたのですが、詰め物をする時に歯茎まで一緒に詰められてしまったのです。それがもう痛くて痛くて、姫路市の歯医者に行き、詰め物を外してもらうとすぐ行くのをやめてしまいました。これがトラウマになってなかなか行く勇気がありませんでした。その後、歯医者に行くと抜歯しなければならなくなったのです。もう妊娠中でしたので薬などをあまり飲めませんので、出産が終わるまでは他の歯の治療や定期検診をし、産後に抜歯をするという段取りでした。そこの歯医者はとても上手でスピーディな歯医者だったので通い続けることが出来ました。たくさんの賞などをもらってお医者さん自体が優秀だった様です。歯医者衛生士もたくさんいましたが、皆優しい方達ばかりでした。抜歯の時もきちんと説明してくれ、ここだったら任せられると思いました。抜歯した後、インプラントをおすすめされました。このとき、インプラントを初めて学び、インプラントはものすごく高いけれど、それだけ便利だということも学ばせていただきました。

この歯医者に通ってから歯医者に興味が湧きました。
特に興味を持ったのはホワイトニングと矯正です。
ホワイトニングはお金に余裕があったらしたいですね。
歯が白いのは清潔感がありますよね。

人は第一印象が大事ですので歯が白いと綺麗に見えます。
明るく見えます。歯が白いとまた人生が1つ変われるような気がします。そして第一印象に大事なものがもう一つあります。それは矯正です。歯並びが綺麗ですとよく思われますよね。歯並びが悪かったり、出っ歯ですと相手の方も自分自身も気にしてしまうんです。出来れば矯正もしてみたいものです。

出会い系アプリのニーズについて

最近出会い系アプリにはまっています。このアプリを使うと見ず知らずの人に簡単に会うことができるので、私はよくこれを活用して新たな発見をしたいと思っているのですが、出会い系アプリと聞くとどうしても怪しげなイメージと、架空請求などの怖いイメージを持ってしまう方が多いかと思いますが、そもそも出会い系アプリとは出会いたい人同士のニーズをマッチングしてあげるサービスのことです。
なので、出会うための理由は何でもいいのです。
つまり、ニーズが合えばたとえ恋愛だろうとビジネスだろうと、勉強だろうとそうです。すべてのマッチングサイトはほぼ出会い系と同じビジネスモデルなのです。ということは、マッチングということに着目して、今後さまざまなニーズにおけるマッチングアプリが登場してくるでしょう。

例えば、英語を学びたい日本人と、日本語を学びたい外国人をマッチングするサービスなどはもうすでにあります。
このように様々な目的に合わせてニーズをマッチングしていくアプリが今後の出会い系アプリの主流になるのではないでしょうか。
もっと言えば、ニーズが細分化されると思います。
出会い系アプリは何も恋愛に限った話ではなくなってきているのです。
出会い系という言葉が世間的にあまりいいイメージを持っていないので、どうしてもこのようなアプリは警戒されがちかもしれませんが、まじめなマッチングビジネスとして運営を行っているアプリであればもしかしたら自分のなかなか叶えることができないニーズを簡単に叶えることができるかもしれません。世の中はこれから簡単に友達が作れてしまう時代になってしまうのかもしれません。
そして、簡単に自己啓発、能力向上のための努力をすることができることでしょう。
私は最近、ピアノを始めたのですが、出会い系アプリを活用して、同じピアノ初心者とお知り合いになったり、指導者の方とお会いしてレッスンを受けたり、順調にピアノの腕を向上させています。

椎間板ヘルニアの様々な治療法

激しいスポーツや重い荷物を持った際、または老化によって椎間板ヘルニアは起きてしまいます。

腰への痛みが一番多い椎間板ヘルニアですが、症状が悪化すると自分自身でトイレのコントロールすら出来なくなってしまうのです。

この椎間板ヘルニアにはいくつかの治療法が存在します。現在お悩みの方は自分に合った治療法を見つけ今後に生かして頂ければと思います。

<薬を使った治療>
8割程度の方は手術はせずに症状がおさまると言われています。腰などの激しい痛みを服薬で対処し徐々に症状が消えるのを待つのです。
しかしいつまでも服薬を続けるという訳にはいきませんので3ヵ月程経っても効果が表れないようであれば手術を考えなくていけません。

<運動での治療>
椎間板の圧迫を減らし、血液の流れを改善し痛みを減らす治療です。主に筋力トレーニングやストレッチを行います。ヘルニアになると痛い部分をかばってしまい別の箇所を痛めてしまう事が良くあります。それに対してもストレッチは有効になってきます。

<器具を使った治療>
コルセットやバンドを使い腰などの痛む部分を支え安定させる治療です。おじいちゃんやおばあちゃんなど筋力トレーニングやストレッチが難しい方にはオススメです。
しかし器具に頼ってしまい腹筋や背筋の筋力を低下させてしまう事がありますので注意が必要です。

<温める治療法>
痛む部分を温めてあげる事で痛みを和らげます。主に赤外線照射やホットパックを使います。新陳代謝を良くすることで結構を良くします。
近年ではパソコンなどの普及により激しい運動や加齢だけではない椎間板ヘルニアの原因が増えています。
上記の治療法でも効果が見られない場合は手術が必要になってくるかも知れませんが、一度自分に合った治療法を試してみてはいかがでしょうか?

ホットヨガ初体験とその後の女子会

友達と三人でホットヨガの体験に行きました。
社会人になってから、なかなか会えない友達と待ち合わせをして、同じ初体験をするのはドキドキと心強さが共存する不思議な感覚です。
私はもともと汗をかかないほうなので、ホットヨガでも効果があるのか、ちゃんとデトックスできるのか、かなり半信半疑な状態でした。
事前に言われていた持ち物で「お水1リットル以上」とありましたが、1時間の体験で1リットルも飲めないよ、とも思っていました。
スタジオにはいると、確かに低温サウナのような熱気と湿度。

座って、インストラクターの方が来るのを待っているだけでも、背中にじっとりと汗をかくような感覚がありました。
スタジオ内は私語禁止のため、友達とアイコンタクトとボディランゲージで「暑いね」なんて会話を楽しみました。
体験レッスン自体は本当にあっという間に終わってしまいました。
難度の低いレッスンを受講したからか、前屈が全くできないほど体が硬い私にとっても、とくに難しいポーズはありませんでした。
しかし、とにかく汗をかく量が半端ではなかったです。
ブラトップのタンクトップの上に淡いグレーのTシャツを着ていたのですが、1時間のレッスン後には、グレーのTシャツが黒に近い色に変色するくらい、たくさんの汗をかきました。

ただ、予想してたような体へのしんどさはありませんでした。もっと、暑さでフラフラになるのかと思いきや、そんなことはなく、レッスン中も息が切れるわけではないのに、体がじんわりとあたたかくなり、徐々に心拍数があがっていきました。
浅い呼吸をたくさんするのではなく、ゆっくりと吸う吐くを繰り返す深い呼吸を意識するように言われていたからかもしれません。
スタジオを出た途端、店舗内の涼しい空気がとても心地よく、レギンスが足にぴったりと張り付くのを感じました。
その後、更衣室でシャワーを浴びました。
ゆっくりシャワーを浴びて、全身の汗を洗い流した後、入会の手続きの説明を受けました。
友達のひとりは入会しませんでしたが、私ともう一人の友達はその場で入会手続きをしました。
店舗の外に出ると、かなり日が沈んでいて、夕方の空気がまだ熱を帯びている体にとても心地よかったです。
中学生のころは運動系の部活動に入っていましたから、たくさん汗をかくこともあったと思うのですが、高校では文化系の部活に入り、体育の授業も真面目に受けてこなかった私にとって、こんなに汗をかいたのは何年振りだろうとしみじみ感じました。


少しみんなで初めてのホットヨガの感想を話しながら、友達のおすすめの焼き鳥屋さんへ行きました。
「ホットヨガ後はお酒がまわりやすい」と聞いていたので、全員お互いにペースをおとす約束をしつつ、ビールで乾杯しました。
その日のビールは本当に喉が鳴るくらい、とてもおいしかったです。
焼き鳥屋さんはとても混んでいて、店員さんも忙しそうで、注文した料理が出てくるは遅かったですが、そこでの女子会はとても楽しかったです。
よくいわれることではありますが、女子会において重要なことは「何を食べたか」ではなく「誰と食べたか」だというのを実感しました。
ほどよくお酒を飲みつつ、焼き鳥を頬張り、午後10時ごろ駅で解散しました。
次の日のお昼頃、一緒に行った友達に電話をしました。
その時、友達の声がとても暗かったので、事情を聴いたところ「二日酔いした」とのことでした。
普段はもっとたくさん飲む子だという印象があったので、昨日の量で二日酔いになるなんて、やはりホットヨガ後の吸収力はすごいなと思いました。
二日酔いになった友人は、もう二度とホットヨガ後にお酒を飲みにいかないと決めたようです。
しかし、私はたくさん汗をかいたあとのビールのおいしさを知ってしまいました。

今のところ、友達の決意は固いようですが、根気強く誘って、またみんなでホットヨガ後においしいビールを飲みに行きたいです。

 

一重まぶたで辛かった


私は生まれつき一重まぶたで、とても細い目に悩んでいました。
小学生の頃は特に自分の見た目を気にしたことがなかったのですが、中学生の頃自分の目の細さで悩むようになりました。
さらに、同じ学年の男の子から、すれ違うたびにキモいとか、あだ名をつけられたり、発表した時に笑われたりして辛い経験をしました。
性格は明るかったので女の子の友達は沢山いたし、普通に接していました。
高校生になっても、見た目の事で悩み続け、また男の子に色々と言われるようになりました。
笑っていたら、遠くから笑ってんじゃねえよブスと言われたのが、すごくショックでした。

社会人になって会社に就職しましたが、飲み会の時も話しかけられず、きれいな女性は沢山話しかけられていてとてもたのしそうでうらやましかったです。
私はまたもや影であだ名をつけられていました。ある女芸人に似ているそうです。

私はだんだん整形を考えるようになっていました。
飲み会で悲しい思いをした時に決めました。
整形しよう!と思いました。
私が考えたのは埋没手術で、まぶたに糸を留めて二重まぶたを形成するもので、最近はやっている人も多いプチ整形です。
色んなブログやサイトをみて研究し、いよいよその日になりました。
私の住んでいる場所は田舎で美容整形外科医院がないので、車で片道時間ほどかけて行かなければなりませんでした。
前日は失敗したらどうしよう、という不安と、やっとこの一重まぶたから解放されるという嬉しさが交差してねれませんでした。
いよいよ施術の日になり、予定通り施術をうけました。

まぶたの裏に麻酔を打つのですが、それが痛く、痛みは感じませんでしたがまぶたを弄られている感じかしました。
終わった後目がつっぱる感じがひどく、鏡を見ると泣きはらした後のように腫れていましたが3日ほどで引きました。
二重になると印象がガラッと変わったような気がしました。
色んな人から可愛くなったと言われるようになり、会社でデートに誘われたり、初めての彼氏ができたりしました。
プチ整形でも決断するのにすごく勇気がいりましたが、少しでも可愛くなれて今は後悔していません。
満足しています。

思わず痛くて叫び声を上げてしまいました。


部屋が狭い人のあるあるだと思うのですが、本日ベッドの端に思いっ切り足の指をぶつけてしまいました。

それが地味に痛いです。
骨が折れて痛い、とかではなくカッターとかで切って痛い、というものでもなくジンジンと鈍痛が続いていて動かすと痛みが走るんです。

いつもならこんなにも痛みが続く事はないのでどうしたのだろうと思って確認してみれば、ぶつけて痛かった場所が青黒く変色していて痛みが増したような気がします。
ついさっきまでそうではなくても、見てしまうと痛みを感じだす事ってありますよね。
大丈夫だったのに見た途端、冗談抜きで痛くなってきたのです。
腫れているわけでもないので骨や筋がどうこうしたわけではないと思います。

最も、少しぶつけたくらいで骨がどうこうするほど弱いとも思いたくありません。
いえ、指の骨ってそんなに強くないのかもしれないですが、ぶつけた時は暑くてスリッパも履いてなかったし靴下も履いていなかったのでダイレクトに痛みはきたと思います。
こういう痛みは地味に長く続くので参ったなぁと思っていました。

友人に聞いたら同じようにぶつけた事があって、その時は骨が折れていたと聞いてビックリしました。
だから私も気を付けないといけないよ、と言われました。
明日になっても痛かったら病院に行こうと思いました。普通に歩けるから大丈夫だとは思いますけど。
とにかく部屋を歩く時は気を付けようと思った事件でした。

狭いから気を付けているのですが、どうかすると忘れてしまうのは玉に瑕です。
別に普段はぶつけたりしないのですが、他の事を考えていると足元がお留守になってしまうのです。
多分、同じような事をしている人はいると思いますけど、まずは部屋の床に平積みにしている雑誌を片付けようと心に決めました。
まだ捨てたくない雑誌なので本棚に詰まっている本を始末してそこにしまうしかないですね。
足の踏み場がないわけではないですし、床も見えているのですが歩くのに支障が出るのは困ります。
まずは足元に気を付けるように常に頭に入れていくようにしたいです。
できたら二度と足の指をぶつけないように注意したいです。

ネットにはまったのは、「心の不足感」を埋め合わせるため

新聞を読んでいたら、ものすごく考えさせられる記事がありました。2016820日付の日本経済新聞(NIKKEIプラス1)に載っていた、スマホ依存に関する記事です。記事によると、スマホを片時も手離せず、日常生活に支障をきたしてしまい、治療が必要なケースもあるとか―。

実は私も、記事を読んでいて思い当たるところがありました。私は何年も、ネットゲームにはまっています。気が付くと思ったより長い時間ネットゲームをしていることがあったり、不安を鎮めるためにネットゲームに逃避してしまったり、ネットゲームをする時間を減らそうとしてもできなかったりすることがあるのです。夜中までネットゲームをしていて睡眠不足に陥り、次の日に何もやる気が起きなかったことは何度もありました。

なかなか寝付けなかったり、眠りが浅かったりすることはしょっちゅうでした。どこかの本のタイトルではありませんが、ネットゲームにはまって廃人同様だ、と思ったことすらあります。
ネットにはまる子供に共通しているのは、心に何らかの不足感があって埋めたいと感じていること―記事の最後の方に、こう書かれていました。
「自分がネットゲームにはまった理由は、まさしくこれだ!」と直感したのです。

スマホに依存するようになったのは数年前、仕事を失って少し経った後でした。その頃、好きでしていたサークル活動も、夫の猛反対にあって辞めさせられてしまったのです。今振り返ってみると、仕事もサークル活動もやめてしまったことで生活に張り合いをなくし、それを埋め合わせるためにスマホを使ってネットゲームにはまってしまったのだと思います。

現在は仕事をしているので、一時期に比べるとネットゲームをする時間は減っています。しかしながらゲームをする時間が減った分、ネットで主に社会問題を扱った記事を読む時間が増えてしまいました。これではまだまだネットにはまっている状態といえます。この状態から抜け出すには、仕事を増やしたり、何か新しいことを始めたりして、「心の不足感」を埋め合わせるようにしたいと考えているところです。

 

子供に自分の歯を大切にさせるには。

私には三歳と一歳の子供がいます。
最近は健診などでも歯磨き指導があるのです。歯のトラブルを避けるためには、小さい頃から歯磨きの習慣をつける事が大切なようです。

我が家でも三歳の娘は定期的に歯医者さんで虫歯がないかチェックして頂き、フッ素を塗ってもらっています。でも、小さい子供を病院に連れていくのは大変です。歯医者さんに対する恐怖がすごいのです。歯医者は恐くない、しっかり磨いていれば褒められるなどいい印象を抱いてもらうには、歯医者さんの対応が大きく影響するのではないでしょうか?

初めて病気を訪れたのは一歳で、娘は人見知りで男性を特に拒絶していました。選ぶにあたって、女医さんがいて、病院自体が子供を迎え入れる空間ができているかでした。

そして、まずは私が治療をしてもらい先生や助手の方の対応を見ました。大丈夫だと思ったので、娘を連れて行きました。助手の方は娘がリラックスできるように動いてくれました。泣きましたが、泣いて歯が見えにくくても怒ったりする事なく、娘に声をかけてくれ褒めてくれました。私にも歯の状態の説明もバッチリしてくれます。それ以降娘は歯医者に行くとき泣かなくなりました。子供の頃に歯医者で嫌な思いをして治療に行くのを渋る方は多いと思います。でも痛くなる前に診てもらうという事を習慣にすれば、歯に対する意識が高まり、自分の歯を大切にしようと思えるのではないでしょうか?自分の歯に関心を持った娘は、今日も自ら歯磨きを頑張っています。

自分を動かすためのモチベーション

最近、なんだかいままでのことが嘘のように、妙に吹っ切れたようにいろいろなことに打ち込めている気がします。
もっと具体的に言うとしたら、自分のやるべきことをやれているような気がすると言う感じがします。
別に新しく何かしているというわけではありませんが、仕事にしても勉強にしても、ちゃんと目的意識を持って取り組めています。
きちんと「こういうことをするために、こうするんだ」という感じがあると、すごく自信を持って向き合える気がしています。

今まで他人に嫉妬したり、いいなと思って羨望していることに忙しかった気がします。
ですが、他人を羨むだけでは自分には何もプラスにはならないし、逆に惨めになるような気がしていました。
「何で自分にはできないんだろう」とか、「どうせ自分なんかには」と思ってうじうじしていることが多かったように思います。
そこから、結局「私なんか何をしてもきっとダメなんだ」という結論を出して、手放しで諦めてしまっていたことは否めません。

しかし、今はそれをうまく自分の力に変えられているような気がします。
憧れであったり他の人の境遇を羨むというのは、自分もそうなりたいという素直な気持ちだと捉えることにしています。
悩んでうじうじしているよりも、行動しないと変わらないし、悩んでいるだけでは時間を無駄に費やしてしまうだけだと気が付きました。
ならば、一歩でもそこに近づけるように、いま自分が何をすべきなのかという風に考え直すことができるようになったと思っています。

いろいろなことに欲張らないことも大切かもしれませんが、その気持ちをプラスの方向に働かせれば良いのではないかと思います。
そういう風にポジティブにとらえることもできるし、事実、自分の今のモチベーションになっています。
自分にないものに嫉妬するのは見苦しいと思われてしまうけど、本当は、嫉妬して僻んでいるのが見苦しいんじゃないかと思います。
そういう夢とか憧れというのは、本来、自分を動かすためのガソリンのようなものではないのでしょうか。