自分に合った歯科医院を見つける方法。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科医院と聞いて、皆さんはどんなイメージが湧いてくるでしょうが。
・痛い
・怖い
・音がうるさい
など、一般的にあまり良いイメージではない方がたくさんのいることでしょう。

またクリーンなイメージから、綺麗なお姉さんが働いていそうな場所という認識をお持ちの方もいるようです。

そんなネガティブなイメージが強い歯科医院ですが、どうしてネガティブなイメージが一般的に定着してしまったのでしょう。

それは、『自分に合わない歯科医院で治療を受けた』経験からくるイメージだったのです。

実は歯科医院の数はコンビニの数より多く存在し、全国の歯科医院の件数は約6万件に対し、コンビニは約4万5千件程と言われています。

これ程の歯科医院が存在するのですから、治療理念の違い、医院の雰囲気、導入されている機材など医院のカラーは多種多様に存在するわけです。

極度の怖がりな人にサクサクと治療を進めてしまっては、不信感が募らせてしまいます。
その様な方は、アットホームな雰囲気の歯科医院や時間をかけて説明をしてくれたり、患者側の話に耳を傾けてくれる歯科医院が良いでしょう。

忙しい仕事の合間を縫って治療を受けている方は、スムーズに予約が取れる歯科医院や予約無しで治療をしてもらえる歯科医院でならスピーディーに治療を終えられる事が出来ます。

見た目に気を遣っている方ならば、審美に力を入れている歯科医院、持病を抱えており、そちらとの兼ね合いが不安であれば総合病院の歯科医など、自分の求める歯科治療を明確にしておく事が失敗しない歯科医院選びで最も大切な事なのです。

では、自分の求める歯科治療がハッキリしたところで、自分に合った歯科医院をどうやって見分ければ良いでしょうか。

見分けるポイントは意外なところにあります。

それは歯科医院の『看板』です。

看板を見れば、その歯科医院の雰囲気、歯科治療の理念まで分かってしまいます。

歯科医院の看板には院長の嗜好が大きく反映されているので、看板の字体、看板のカラーやデザインによってどんな治療を提供してくれるのか判断する事ができるのです。

〈審美に力を入れている歯科医院の看板〉
ブラウンやブラック、シルバーなどの落ち着きがある色をベースに使用し、医院名を横文字で表記するなど、洗練されたデザインの看板を掲げる傾向にあります。

審美に関する治療は全ての保険外治療となる為、患者側の金銭的負担は大きくなります。

治療に対する意識の高い患者を受け入れる為に院内のインテリアにもこだわりホテルやエステティックの一室の様にリラックスして治療に臨む事が出来ます。

〈アットホームで人柄の良い歯科医がいる歯科医院〉
暖色系のカラーを使用した看板や丸文字で可愛らしい字体で医院名を表記しています。
字の如く、患者に寄り添う温かな治療を提供する理念をもったドクターがいる歯科医院です。

子供からお年寄りまで親しみ易さがウリであり、歯科治療が怖い方でも安心して通えるクリニックと判断する事が出来るでしょう。

〈スピーディーな治療を提供する歯科医院〉
白のベースに、黒や青などすぐに医院名が目に飛び込んでくる様な、至ってシンプルな看板を掲げている無駄のない看板は、予約制では無かったり、予約制であっても回転率がよくサクサク治療が終えられる歯科医院に多く見られます。

サービスの様な医療を提供する事はありませんが、忙しく自分の時間を持てない人には有難い歯科医院です。

この様に歯科医院の考えが大きく反映された看板は歯科医院選びに迷った時の重要なヒントとなる事でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*