遠距離の賃貸物件を安心して探す方法について

賃貸物件を探すのって大変ですね。
いくつもの不動産を周り、下見をして、敷金などを確認して…。
自分の住居となるところですから、納得いくまで比較したいですよね。
でも、いつでも時間を掛けてお部屋探しを出来るとは限りません。
時間がない時に、遠距離で、お部屋探しをする一つのやり方を紹介したいと思います。
この場合は、例えばレオパレスのように、チェーン店のように似たパターンの建物を取り扱っていて、契約のやり方が統一されているところが安心です。(レオパレスだけをすすめるわけではありません。自分にあったところで大丈夫です。)説明の都合上、レオパレスを例として解説いたします。
まず、インターネットで、自分の住みたいエリアにどんなレオパレスの物件があるのか、調べます。(この段階では大体でよいです。)一口にレオパレスといっても、部屋の間取りや、駐車場がついているかなどは色々ちがうので、自分が選んだいくつかの物件が、どのタイプの建物なのかもメモしておきます。

自分の住みたいエリアの、地域ごとの特徴(繁華街なのか、しずかな住宅街なのか)は以前住んだ場所であれば分かりますが、見当がつかなければ、地図などである程度推測するか、次の段階で聞いてみましょう。
ある程度情報を集めたら、レオパレスセンターに向かいます。
この段階で、自分が住みたいエリアの地域ごとの特徴が分からなければ相談し、いくつかの候補物件があれば、それについての詳細情報、空室などについても確認します。

質問がたくさんある場合は、最初の候補地を決める前に、先に一度センターで色々確認し、パンフレット(契約するときの条件や契約時のステップ、物件のパターンも紹介されています)をもらうと良いでしょう。

この方法の良いところは、自分の探したい地域が遠距離で、直接下見に行けない場合でも有効だということです。
物件の間取りがどうなっているか、実際に見たい場合は、今自分が住んでいる地域の近くに同じタイプの建物があれば、見学することが可能です。
また、レオパレスの契約方法は統一されているので、物件ごとに敷金がどうとか、いちいち確認する必要がないのでトラブルを避けることが出来ます。
実際に私は、以前このやり方で東大阪で空き室物件を見つけ、快適に住むことが出来ました。

時間がない、いちいち細かな条件を比較するのがめんどう、遠距離で下見に行けないなどの場合におすすめの方法です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*