東京の企業で働くのは大変?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は大阪本社の企業と東京本社の企業の両方に勤めた経験があります。

その2社を比較して思ったことをいくつか紹介したいと思います。
まず基本的に、大阪本社の企業に比べて東京の企業は”固い”んです。

社内での挨拶もそうですし、服装もそうです。

大阪の企業のあとに東京の企業に勤めて思ったことは「女性のスカート率、ハイヒール率が高い!」でした。

大阪の企業は、同じ事務でもズボンでペタンコ靴で働く女性が多かったのですが、東京の企業は半数はスカートを履いて足元も少なくとも3センチヒールの人が多かったんです。

「これからスカート何枚か買わなきゃ!」と思って焦ったことを憶えています。

また大阪の企業だったときには、帰りにみんなで飲みに行くというときも、チェーンの居酒屋や気取らないお店が多かったのですが、東京の企業ではネットでオシャレなお店を調べてから行く、ということが多かったです。
また大阪企業での飲み会は男女きっちり割り勘が多かったのですが(笑)、東京の企業は男性社員の方のほうが多く払ってくれることが圧倒的でした。

それはもしかしたら会社の性質だったのかもしれませんが、その違いも私としては面白く感じました。

次に働くとしたら九州辺りの企業で働いてみたいな。
そうしたら場所によっての企業の違いが、更に分かって面白そうですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*