英語=西洋人ではない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語って、やりたい人が多いそうですが、実際に話す機会ってないと思います。街で外国人が多くいるとしても、どうやって話しかけるのでしょう。「ヘイ、私は英語を習っていますよ」と声をかけるのでしょうか。私は、それってどうも失礼な気がするのです。

相手を見た目で勝手に西洋人=英語だと判断しているわけですよね。でも、もしかしたらロシア語しか喋れないロシア人かもしれないし、英語を毛嫌いしているフランス人かもしれない。そう思うと、折角日本に来ているのだし、私なら日本語で話しかけます。これが一番失礼にあたらないと思うのです。でないと、人を見た目で判断しているような気がしてなりません。それに、道端で会った人に話しかけるのはその人が外国人だから。逆差別と捉えられても仕方がないと思います。

実は、私も海外で「ニーハオ」と声をかけられることがとても多く、そこから日本人としての誇りというものを始めて感じました。あまりにそういう人が多いのでイライラしたほどです。

日本人はまだまだ、国際化なんて言ってはいるものの、巷では全然それが浸透していないように思います。高校、大学と英語を専攻してきましたが、海外とはまだかけ離れているなと感じました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*