車やバイクの事

冬の思い出~ロードサービスありがとうの巻~

近頃ぐんぐん寒くなってきました。

こう寒くなると毎年思い出すのが、「自動車のバッテリーあがり」だ。

これまで何度か自動車のバッテリーあがりには遭遇したのだが、極めつけだったのが数年前、所用で東京に行った時のやつだ。

 

当時、友人の結婚式の呼ばれた私は、ご祝儀をひねり出すために車で貧乏旅行を計画。冬のドライブ旅行も兼ねて2泊予定ぐらいで東京にボチボチと向かった。

 

片道約700kmの旅程、最初にスマホがトラブった。

グーグルマップでナビさせながら音楽を流していたら、突然のシャットダウン&沈黙

ナビに道順を全依存していたのでおもいっきり焦るも、祈るように充電したらなんとか復活。
当時のスマホはまだバッテリが貧弱だったので、あまり負荷をかけるとこういうことが起きた。

 

しかしどうにも不安が拭えないので、低負荷&こまめな充電を心がけながら旅程を消化、なんとか目的地周辺まで到着した。

到着は深夜。ホテル代もケチってコインパーキングで車中泊。

さて、明日一日ちゃんとスマホが使えるように充電しておきましょう、と、スマホとシガーソケットをつないだ状態で、車のスイッチON状態で就寝・・・これがまずかった

 

翌日、さて動き出しますかねとキーを捻ってイグニッション…しねぇ!

やばい!バッテリーあがった!

軽自動車のバッテリーはもともと貧弱だし、そこに冬の気温、そしてうかつな一晩中スイッチONが複合的に重なってこの事態を引き起こしたのだろう。

 

幸か不幸か愛車は軽自動車だったので、コインパーキングは「人力で脱出」できたが、さて、エンジンというかセルは全然ダメ

それでも坂道とかで何とかならんかと1時間弱ほど「人力で車を押し上げる」などの、ピラミッド建設の労働者みたいな奮闘をするもどうにもならず。

 

「結婚式どうする、というかどうやって帰る」と絶望に支配されそうになったが、ふと任意保険のロードサービスの存在を思い出して電話。

リッターバイクで駆けつけたスタッフさんのお陰であっさり解決して、なんとか事なきを得た。

当然、帰り着いてすぐ自動車のバッテリーは交換した。

以降、出先でバッテリーに無理はさせてはいけない、そしてブースターケーブル絶対持っておけという大事な教訓を得たのだった
お陰でバッテリーにも産業用バッテリーなどいろんなバッテリーがあることも知ることができた。

運転のおもしろさ

車の運転があまり好きではありませんでした。
助手席に乗る方が多いのでほとんどペーパードライバーです。

せっかく運転免許証があるのに運転をしろと旦那にずっと口酸っぱく言われていたものの抵抗して20~30分の距離でも、夏の暑い日でも、雨の降る日でも自転車を使っていた私です。
ところが最近勤め始めた会社が車でしか行けない場所に変わり、やむなく車を運転しだしました。
今までは運転しても月に2~3回だったのが、毎日のことになったのでだんだん車に抵抗がなくなってきて近頃ではおもしろくなってきました。

 人間やればできるもんですね!

これからは、事故をおこさないように気を付けて運転しようと思います。

事故車のその後

事故車の買取事故車や不動車の買取などのサイトがよく目につきます。
友人に一度頼まれて探してからリマーケティング・リターゲティング広告かなにかのせいでやたらと出てきます。
まあ、それはいいんですが、友人が単独事故を起こして不動車となった車は私がネットで検索した事故車の買取業者さんがレッカー車で引取に来てその場で現金をもらったそうです。
当然、自動車の売買に必要な印鑑証明などは事前に説明を受けて用意していたようですが。
本人が思ってたよりは良い値段だったそうで、かなり感謝されました(^^♪

ところでそれらの不動車(自走出来ない車両)は、その後どこへ行くのでしょうか?
そのまま海外へ輸出でもするのでしょうか。
確かに海外でかなり古い日本車が多数走っているのをテレビで良く見かけます。
別のその業界に詳しい人に尋ねてみたらその事故した車種と、事故の程度にもよって行く先が分かれるようです。

国内で人気のある車種で、自走こそ出来ないけどそんなに損傷の大きくない程度の事故車等であれば板金修理などを経て修復歴車として、また中古車市場に流通するらしいです。
当然、その場合は購入者に修復歴の有無と箇所を説明することになってるようです。
腕のいい職人さんが修理すると素人目では全く分からないそうです。
凄いですね。

そういえば最近でこそあまり見かけなくなりましたが昔はパール系のツートンカラーの車とか小さなへこみキズなどを治すのにそこだけ板金塗装したら全然色があってないとかよくありましたよね。
なんでも新車のときから日焼けなどによって徐々に車体の色が微妙に変わってくるので純正色の塗料だけでは色がちゃんと合わず塗装する職人さんの勘で色を合わせたりしていたようですよ。

話は元に戻って事故車で損傷の大きなものは部品取りように解体されて、部品ごとに、中古部品市場に流通するようです。