車やバイクの事

原付バイクの二段階右折に疑問

原付の免許は単独の場合は実技講習と筆記試験のみ、自動車の免許を摂れば自動的に付いてくるので50cc以下cのバイクに乗るだけであれば気軽に取得できますね。
しかし簡単故か、実際に運転してみると「どう考えてもおかしいルール」に気が付くと思います。
それが「二段階右折」です。
二段階右折は以下の様なルールに則って行う必要があります。
・二段階右折の標識がある場合
・ 片側3車線以上の場合(交差点で増えた車線も含めて3車線以上)
・一方通行で3車線以上の場合
そして逆に「二段階右折禁止」の標識がある場合は普通に右折することになります。
50cc以上のバイクであれば車と同様なので問題ありませんが、50cc以下の場合に「絶
対に右折は無理」という交差点があります。
都心部を走るのであれば交通量と人の行き来が多いため、信号も多くしっかりと二段階右折も考えられています。
しかし郊外に出ると二段階右折をしないと曲がれないような道路で「二段階右折禁止」の標識が多く見られるようになるのです。
近所の幹線道路で二段階右折禁止になっている場所があるのですが、交通量も多く信号も少ないため車がビュンビュン走っています。
そんな中に30km制限の原付バイクが右折のために車線変更して入ることができるでしょうか。
どう考えても「現場を把握していない」か「事故が起こることが見えていない」としか思えないのです。
最近は自転車のルールが問題になっていますが、車やバイクの基本的な走行方法をもっと現場を見て見直しをしていただきたいです。

車の車検について私が感じていること

車を所有していれば避けては通れないのが車検です。
そして多くの方はこの車検が煩わしいと感じているかと思います。

確かに2年に1回は車検を受けないといけないのでかなり面倒です。
確かに車を購入した車のディーラーに任せてしまえば車検の時期になれば自動的に車検のお知らせが来て職場にある車を持って行ってくれるというサービスもあります。

ですが、そのサービスを利用すれば確かに自分では何もしなくても勝手にやってくれるので車検も特に面倒に感じないと思います。

ただそのサービスも実際に利用する事になればその分車検の費用が上乗せされます。
それが車のディーラーを使って車検を受ける場合のデメリットです。

それだけ余計な費用を払ってでも自分で時期が来たら車検を受けるよりはマシだと思っている人はそれでも良いかと思います。

でも、中には当然車検の費用も抑えたいと思う人もいるかと思います。
それがまさに私の事です。私は多少面倒でも車検に掛かる費用も抑えたいと思います。

ですから、私は車検を受ける時はいつも自分でどこが最安で車検を受ける事ができるか調べて持っていくようにしています。
その時に一番大切だと思ったのが、法定費用は抑えようがないのでそれ以外の料金を確実に抑える事ができる所に持っていくようにしています。

その時にどういう所に持っていくのがベストかというとそれは数十分の作業で終わる所を選ぶのが最適です。
なぜなら、そういう所に持っていけば最低限必要な点検だけ受ける事ができるので余計な事を勧められて予算オーバーになる事を防げるからです。

ですから、私は車検は数十分で終わる所に持って行くようにしてます。
今回も十分に下調べをしてから奈良市の車検屋さんに持って行きました

値段も安く抑えることができ、対応も親切でとても良かったです。

12年ぶりの新車で主人も満足のご様子

今日、主人の新車が届きました。
今まで12年間同じ車に乗り続けていて、ほんとはもっと早くに新車購入してあげたかったけど、なかなか頭金を貯めることも難しくてとうとう12年間もたってしまいました。

でもお金事情も分かっているから、文句も全く言いませんでした。
だから、次買うときは自分の気に入った車を買えるようにって思って貯蓄していたんで、高級車までは無理だけどそこそこ満足しているご様子で何よりです。
朝からちょっとワクワクしながら一人で今の車を乗ってディーラーへ行って新車で戻ってきました。
「どう?いいかんじ?」って聞いたら「まあまあかな」って答えだったけど、まあ性格的に素直じゃないからこの答えは想定内って感じです。
でも息子と私に「あ、でもこれからは車でマック食べるの禁止だからな。絶対お前たちポテト落として、拾わないんだから!」と禁止令も出ました。
まあまあ気に入っているご様子です。

「せっかくの新車なんだからどっかドライブでも連れてってよ」って、息子と私でせがんだら「じゃあ、いこうか」って即答でした。
これは珍しい、出かけるの大嫌いでいつもはなかなか出かけない主人です。
やっぱり気分はよさそうです。

でもすぐ近くに高速の乗り場があるんだけど方向が違います。
まあ気分悪くさせるのも悪いから、お任せしてたら到着したのは車で20分の観光バスが良く泊まっている「道の駅」でした。
「えー、ここ?ドライブでも何でもないじゃん!」って文句を言ったら「周り観光客ばかりだから観光気分は味わえるじゃん」って言っていました。
土産売り場行ったってよく見る地元の物ばかりだし全然楽しめません。
しゃくだから食事だけでもって思って敷地内にある食事処に入りました。
観光客価格のそこそこいいお値段でしたが、「新鮮特選船盛り」を頼みました。
確かに新鮮!、お刺身は美味しかったです。

そのまま帰宅のドライブと言えるものではありませんでしたが、やっと新車も届いたし今日はいい一日でした。

素人が施工してもそれなりに満足ができるカーフィルム

どんな車でも、太いタイヤを履いて、車高を落とし、カーフィルムを貼ればそれなりに格好良く見えます。タイヤはネット購入しなくても、大手のカー用品店には外国産の安価なタイヤが売られており、法定速度で走行する分には国産と比べてもグリップ性能は大差ありません。しかし、タイヤ交換は、車高を落とすのと同じく事故に繋がる恐れがあるため、素人が行うより、料金を支払ってでも業者に任せなくては安全且つ快適な運転は期待できません。

一方、カーフィルムは、カー用品店で購入してセルフで施工を行えば安上がり、以前と比べ貼り易く、しかも貼り直しが可能なカーフィルムも販売されているため、素人が施工してもそれなりに満足ができる仕上がりになります。ただし、注意しなくてはならないのは、セルフでカーフィルムを貼っても、プロが施工したものと比べると出来栄えの違いは雲泥の差、そのためセルフでカーフィルムを貼るのは、中古車に限ることが望ましいです。

車種のサイズにあったカーフィルムもネット等で購入出来ますが、フィルムとガラスの隙間にエアーが入ったりするため、新車にカーフィルムを貼る場合は業者に任せましょう。

新車を購入して廃車まで乗り潰すなら構いませんが、セルフメンテナンスは車の評価を下げることになるため、セルフでカーフィルムを貼ると買取り査定に悪影響を及ぼします。カー用品店で販売されているカーフィルムはピンキリ、中には貼り直し可能なタイプもありますが、貼り直し可能はあくまで施工中に限ってのこと、何年も貼ったカーフィルムは容易に剥がすことは出来ません。無理をしてカーフィルムを剥がすと、曇り止めの熱線を損傷させます。カーフィルムは黒色以外にも青色・銀色・クリア(無色)などもあり、色の濃さも選べます。色が濃いと運転に支障となり、警察に呼び止められることもあります。色が濃いカーフィルムを貼っていると、駐車をしているだけでも職質される可能性が高まります。ただ、色が濃いカーフィルムでも覗かれる恐れはあります。車内で着替え等する時はカーテンをすることをお勧めします。

キャンピングカーについて

キャンピングカーといえば、車で旅行にでかけ、車中泊もできる自動車です。
昔ながらの自動車から、軽自動車をベースにしたものなど、色々なタイプの自動車が出回っており、値段も様々です。
こういった自動車を、自分も一度は所有してみたいと思っています。
やはり、旅行に行っても、ホテル代などがかからなくて済むというのは大きなメリットだと思います。
こういった車であれば、うまくやれば日本一周などもできてしまうのではないかと思います。
今のところ、自分にはそういった時間が取れないため、無理なのですが、いつか時間が取れればそういったこともやってみたいと思っています。
キャンピングカーには、シャワーや台所などがついているものもあります。
そういった本格的なものになると、いろいろと維持するのも大変なようなので、自分は寝られるだけの設備があればいいと思っています。
キャンピングカーは、やはり、アメリカが本場であり、アメリカ製のものには本格的な装備がととのったものが多いのではないかと思います。
最近は、キャンプできる施設も全国にたくさん出来ているため、こういった車で全国のキャンプ場を回るというのも、とても楽しいのではないかと思います。

トヨタのカローラについて

トヨタのカローラは、トヨタが発売している自動車です。
この自動車は、昭和40年代から発売されており、今でも名前が残っている数少ない車です。
もう50年近く発売されているということになります。
トヨタの誇るベーシックカーとして、今でも一定の需要を確保しています。
この車は、価格は安いランクに入る車ですが、時代とともに変化しています。
特に2000年代以降は、内装などが少しグレードアップされてきたと思います。
車の基本的な走りはしっかりしていて、ファミリーカーとしてつかうにも十分なスペックを持っていると思います。
また、燃費もなかなかよく、とくにハイブリッドモデルは、カタログ値でリッター30キロを超える燃費になっています。
ベーシックカーとしての走りもしっかりしていて、特に最近のモデルは、ボディ剛性がかなり向上しているのではないかと思います。
また、静粛性もかなり増していると思います。
時代の進化とともに、中身も大きく変わってきている車です。
この車は、海外でも販売されており、世界的な知名度を持つ車種といえるのではないでしょうか。
これからも、カローラは、日本を代表する車種として、進化を遂げていってほしいと思います。

MR2について

MR2は、トヨタはかつて発売していたスポーツタイプの自動車です。
2人乗りの自動車で、ミッドシップという、エンジンが座席の真後ろにあるレイアウトになっています。これにより、自動車としての重量バランスがすぐれ、走行性能の向上に大きく貢献しています。
初代、2代目と作られましたが、自分は2代目のデザインが好きです。
スポーツカーでも、ほとんどの自動車はエンジンが前置きになっており、ミッドシップというとMR2NSXぐらいしかないのかもしれません。
MR2はトランスミッションに、オートマとマニュアルの両方のタイプが存在しており、マニュアルが運転できない人でも乗りこなすことができます。
最近はトヨタでは86というスポーツカーが出ていますが、サイズ的にはこの車に近いのかもしれません。
現代の車は安全基準が厳しくなっており、どうしても車重が重くなってしまっているのですが、この時代の車は、車重が軽く、軽快な走りがでいた車が多かったと思います。
スポーツカーには2種類あり、軽量で軽快な走りをする車と、4WDに強力なターボエンジンを積んでパワーで押し切る車です。MR2は前者に入ると思います。
後者の代表は
GT-Rやランエボといったtころでしょうか。

誰も傷つけない自動車に速く普及してほしい

日本では高齢化社会がますます進んでいます。
それもあってか、お年寄りが自動車に乗っていて事故を起こすニュースが連日のように報道されています。
地方などに住んでいると自動車がなければ生活できないですから、年をとったからといって乗らないわけにはいかないんですよね。
そのようなお年寄りのために精度の高い人を傷つけない自動車というのを早く手頃な値段で開発してほしいと願っています。
ヒューマンエラーはどうしても避けられないものです。
ですから、それが起こってしまうことを想定した機能というのは大事なんです。
エアバックシステムのように自分を守るだけではなく、事故を起こした際に相手を守るシステムというのがもっともっと開発されてよいんですよね。
いま現在でも確かにそういったものが出てきているようなのですが、まだまだ数は少ないでしょう。
搭載されている車はかなり限られています。
ごく一部の高級車だけというわけではなく、市場に出回っている車すべてにそういう機能がつく時代に早くならないでしょうか。
自分の身も守れて相手も守れる。誰も傷つけない。
これが重要なことです。本当にこれからどんどん人を傷つけない車というのが出てきてほしいですね。
http://www.sankeinet.co.jp/insurance/index.html

事故車の処分方法もいろいろです。

事故車の処分方法と聞かれればほとんどの人が廃車するとこたえると思います。
事故車は、車が痛んでしまっていますし、購入してくれる人もいない価値の無いものと判断して、廃車使用とする人が多いですが、その前に、廃車しようとしている車に値段がつかないのか一度確認して見る必要があります。

その理由は、事故車といえでも買取を専門に行っている業者さんが存在するからです。
中古車の買取と同じように事故車を買取している業者さんは存在していて、あまり街中ではそういった業者さんを目にする事はありませんが、事故車の買取を考えているのであれば一度インターネット上の検索サイトを利用して、「事故車 買取などのキーワードで検索して見ることをおすすめします。

ネット検索すると予想以上に事故車の買い取りサイトがたくさんあることに驚くと思います。
つまり、想像している以上に事故車の需要は高いということです。
事故車といえども修理すればまだまだ乗れる状態のものもありますし、その部品もまだまだ利用価値があります。

ですから、事故車でも買い取ってもらえるという認識を持つということが大切です。

事故車の買取を依頼するのであれば、買い取り一括サイトを利用することがベストです。

一括サイトを利用すれば入力フォームに簡単な事項を記載すれば、後はそのデータを送信するだけで複数の買取業者に買い取り価格査定をおねがいすることができてとても便利といえます。

事故車の買取で新しい車の購入費用の足しにしたい

先週、車で買い出しに行ったのですが、その時にやっちゃったのです。

バック駐車時にアクセルブレーキをうっかり踏み間違え、壁に激突、車の後ろが大きく凹んでしまいました。

夫には大分叱られましたが、完全な自損事故人を巻き込んだりしなかったこと、私自身も怪我はなかったこと幸いだったと言ってくれました。

ちょっと修理してというレベルの凹みではないので廃車にして新しい車を購入しようということになったのですが、実は私たちは今23年の内に家を購入したいと考えており只今貯金に励んでいる真っ最中なのです。
大きな目標があるので節約も楽しんでやっていますが、そこにこの出費です。

かなりの大打撃です。

しかし、我が家はちょっと田舎の方というか、車がないと買い物行くにも不便な立地です。
今の車に乗れない以上、致仕方ないといえば仕方がないのですけれど。
大変申し訳ない思いでいっぱいでおります。

新車は贅沢なので中古車で探しています。
しかし、ただ安ければよいというものではありません。
購入しても後から車検だ何だとお金がかかるのでは、安く購入する意味もありませんから中古車であってもそこそこのものを探しています。

とはいえ、その分価格は高くなってしまうわけです。

そこで少しでも足しにできることがないかと調べていたら奈良県にも事故車の買取をしてくれるところがあることを知りました。
事故車なんてもう乗れないのだから廃車処分するしか方法がないと思っていたのですが、意外とそうではないようです。
乗れないような車をどうするのかと思ったのですが、修理して売ったり、解体して部品を売ったりとそれなりの需要はあるらしいのです。

こちらとしても廃車手続きにも費用はかかりますし、例え安くても買取っていただけるのであれば願ったりかなったりです。

とはいえ、安い中でも少しでも高く買取ってほしいのが本音ではあります。
事故車の買取をしてくれる業者もいくつかあるようでしたので、一括査定でもして相見積りを
とってみようと思っています。