2016年 3月 の投稿一覧

美味しくてやさしいごはんを食べました。

最近油物ばかり食べていておなかの調子もあんまり・・・なので野菜などたくさんとれる献立にしてみました。
大根にんじんごぼうなど根菜たっぷり豚汁に菜の花のおひたし、なすとしいたけの煮物とキャベツと生わかめのナムル。

根菜には身体を温める効果があるのでたくさんいれてみました。
最近はぽかぽか陽気が多いですが、まだまだ寒いですし、風邪にも注意が必要ですからね。
豚肉はさっと湯通しすると余計な脂が落ちてヘルシーですし、臭みもとれますよ。
一口すすると野菜のおだしとお肉があうことあうこと・・・ごはんがすすんでしまいます。

菜の花・・・大好きです。春を感じますし、あの苦味がいいですよね^^いきつけのお寿司屋さんの菜の花の軍艦が大好きなんです。そろそろ出てるかな?食べに行きたいです。
おひたしですが、今回はかつおぶしとポン酢でさっぱりといただいてみました。おなかに優しくということで。
ですが定番のからしあえもいいですよね。あのつんとする感じ…旬ですね。
想像したら昨日食べたばかりなのに、また食べたくなってきました、、、次はからしあえにしますね。

最近野菜の価格は高めですが、それに比べてきのこが安くて重宝しています。
特にしいたけが好きなので大きくて立派なものがあるともうわくわくしてしまいます。しいたけステーキなんて素敵ですよね。
しかし今日はやさしいご飯、油を使わずに煮物でいただきます。
しいたけは丸のまま、かさに十字に切れ込みを入れて煮てみました。
軸の部分はどうしていますか?まさか捨ててはいませんか?
だとしたらもったいないです!一番しいたけの旨みが詰まっていて美味しい部分ですよ!噛むほどにしいたけ・・・美味しいです。
今回は豚汁のほうに入れてみました。しいたけのおだしが出て美味しいですよ。
話がそれてしまいました^^煮物ですが、一口食べると染みたおだしとしいたけの旨みがじゅわっと口いっぱいに広がり・・・美味しい。
なすもおだしをたくさん含むように皮目に包丁でこまかく切れ込みをいれて煮たので、これまたじゅわっと美味しかったです。
やさしい味付けにしたので、素材の味が生きててほっとするお味でした。

美味しそうな生わかめを買っていたのでさて何を作りましょう。
お味噌汁、でも今日は豚汁なのでお野菜とあわせてもう一品。
キャベツは親戚の方が畑で作っていてよくいただくのですが(ありがとうございます!)、とても甘くてやわらかくて美味しいんです!
なので青虫に要注意・・・ですが虫が食べてると安心なお野菜ですよね、よく洗っていただきましょう。
太めに千切りしてしんなりするまでレンジでチン、わかめとあわせて味付けすればさっと一品できました。

・・・すごく美味しかったです。
料理中も楽しくてなんだか心もリフレッシュできました。
明日から元気に過ごせそうです。

 

初めての引っ越しは冬の寒さが身に染みました

結婚に伴い大阪府に引っ越しをすることになりましたが、旦那さまが忙しくてほとんど私が手続きすることになりました。

賃貸で家を決めるところまでは二人で進めていたのですが、そこから先は私に一任された状態です。私は社会人になってもずっと実家暮らしで、今の旦那さまとお付き合いしている時に彼の家に住みつくような形で同棲をしていました。元々住んでいる家に徐々に荷物を運びいれたような状態でしたので、本格的な引っ越しは初めてでした。

同棲していたので彼の荷物は把握しておりましたが、私の荷物はまだ実家にもあるような状態でした。同棲していた家は駅のそばだったのですが、新居では日々の買い物をするのに自転車が必要で実家に置きっぱなしだったものを取りに行くことにしました。

本番の引っ越し日の前の週の週末に、自転車が乗せれるサイズのレンタカーを借りて、その他のものも引き取ってきました。本番の引っ越し当日は旦那さまも仕事は休みを取ってはくれたのですが、前日が夜勤でしたので昼すぎには体力的に限界が来ていました。

初めての引っ越しながら、色々調べてあったので割と順調に進んでいましたから疲れ切っていた彼に休んで欲しくて車で寝ててもらうことにしました。同棲していた家も賃貸でしたので、明け渡すために掃除をしなければならなくてそれがたいへんでした。事前準備としてなるべく掃除していたつもりだったのですが、いざ荷物を全部外に出してがらんとした部屋を見渡すといろいろ汚れていたことがよくわかりました。物が無い分掃除はしやすいのですが、ここで時間配分が狂ってしまいました。

本番の引っ越し日の次の日はもう二人とも仕事に出なければならなかったので、夜までに水回りと寝室はどうにか暮らしはじめられる様に整える必要がありました。休息をとった旦那さまも戻り、電気のセッティングなどをお願いしました。本当に最低限のことだけはなんとか整えたいと頑張りました。食事は疲れてもいましたので、外で食べました。食事も済ませ、部屋には明かりが灯り、寝床と明日の用意までは無事に間に合うことが出来ました。

普段どちらかというとおっとりしたタイプの私が、はじめての引っ越しをやり切ったことで旦那さまにも感謝され二人の絆も深まったような気さえしました。しかし、問題はお風呂でした。新居はオール電化で、お風呂のお湯もガスではなく電気で沸かすのですが、そのためには一旦電気会社に連絡を入れる必要があったらしいのです。

部屋のあかりは灯っていますので、電気自体が使えることは確かなのですがお湯はまた別だったらしいのです。これには疲れ切った二人ともがっかり。その連絡が必要な旨の通知書みたいなものは確かに玄関のドアノブのところに掛かっていました。しかしながら、遅くとも前日までの連絡が必要ということだったので引っ越し当日の作業前に気づいたとしても間に合いません。もちろん部屋を紹介してくれた不動産会社は、引っ越しの日にちを知っています。私が無知なのか、情報開示が不足だったのかわかりませんが、その日はお風呂の準備を持って前の家に戻らねばならず夜中の往復に身も心も疲れ果てました。引っ越しは新生活にわくわくもしますがとても疲れます。今は気に入って住んでいるので、出来るだけここに留まりたいなと考えています。