近畿の中で内陸県とも言えるのが奈良県です。
奈良と言えば京都と並んで修学旅行のメッカですが、それは古都であるため文化財が豊富にあるからです。古い時代の文化財がこれほど残っている地域は日本中を探してもありません。
多くの人が惹きつけられる理由もわかります。

そうした事情もあり、奈良のお店や会社においては観光に関連して、ビジネスをしているところが多いように思います。
奈良では文化財自体が観光資源と言えるわけですから、奈良のお店や会社がこの豊かな観光資源を利用するのも当然と言えます。
今、円安と言うこともあり、海外から日本にやってくる観光客も増えています。

ですから、こうした観光客をどんどん取り込むようにすれば、奈良もさらに発展すると思います。
豊かな文化財があるからと言って、それに甘えることなく、魅力をアップしていく取り組みも求められています。
一回行けば十分ということではなく、何度でも行きたくなるようなところにするべきです。

つまり、奈良のリピーターをいかに増やしていくかが今後の奈良の観光産業にとって重要な課題となってきます。
そのための取り組みを産学官が共同して行っていけば、良い知恵が出てくるように思います。